花粉症が原因の口臭

花粉症が原因で口臭が発生!その対策は?

 

 

花粉症は本当に辛いものです。ただでさえ鼻水やくしゃみ・涙目が苦痛なのですが、
実はそこに「口臭」が加わってしまう場合がありますので、
注意と早目の対策が必要です。

 

元々口臭があった方が、花粉症の季節にマスクの使用で
「息がこもって、口臭が気になる」という場合を別にしても、
花粉症が原因で引き起こされる口臭があります。

 

 

花粉症の症状として鼻水が大量に出る方が多いと思うのですが、
この鼻水が鼻づまりに移行してしまうと、自然鼻呼吸ができなくなり、
それが原因で口呼吸になります。

 

 

常に口を開けた状態でしかも乾燥する季節となると、
これはもう口腔内はカラカラに乾燥してしまいます。

 

この乾燥が原因で口腔内に雑菌が繁殖し、口臭になる場合があります。
まめな水分補給で唾液の分泌欠如をカバーする対策をとりましょう。

 

 

また、花粉症の薬の中には口内乾燥の原因となる成分を
含むものもありますので、注意して下さい。

 

 

そして、花粉症による鼻水の蓄積が、さらに深刻な症状の副鼻腔炎の
原因となる場合があります。

 

 

鼻の奥から目元などに膿がたまってしまう、いわゆる蓄膿症ですが、
これが口臭の原因となることがあります。

 

 

自然治癒では治りにくいので、医療機関を受診するなどの対策で完治させましょう。

 

対策をとらずに副鼻腔炎を放置すると、悪化して慢性的な蓄膿症になってしまうことがあります。

 

こうなるとさらに長期治療対策が必要になってしまうので、
早めの対策をとることが肝心です。

 

 

花粉症の涙目・目のかゆみの他に、「何だか頬の上部分や、
目元が痛いな…」と感じたら、副鼻腔炎を疑ってみて下さい。