舌苔による口臭

舌苔が口臭原因を作り出す?即効できる対策とは?

 

口臭の主な原因の1つに舌苔があるといわれています。
舌の上が真っ白になる現象のことですね。

 

口臭の主な成分の一つである硫化水素は
この舌苔に関連して発生するとも言われています。

 

硫化水素は食べカスや上皮カスが口腔内にいる雑菌によって
腐敗されることによって起こるといわれており、舌苔中にはこれらの原因物質が
豊富にあるため口臭が発生してしまうんです。

 

ちなみにもう1つの代表的な口臭成分である
メチルメルカプタンという成分は歯周病が関連しているといわれています。

 

 

ただしここで注意してもらいたいのは、
舌苔は必ずしも病的なものではないということ!

 

こういった口臭は生理的な口臭の範囲であることが多いんです。

 

 

舌苔ができるしくみ

口の中の細菌が舌の溝に入り込んで溜まり白く見えます。

 

また、舌自体の上皮や口の中の上皮が剥がれ、
溜まったものが舌苔として白く見えます。

 

食べかすが舌の細胞の間に残り、舌苔になることがあります。
人によって個人差はあるものの、多少なりとも何かを口にすれば
舌にそういったものが付着してしまうのは避けられません。

 

 

また、唾液の量が舌苔に関連している場合もあります。
ストレスや薬、全身的な病気によって唾液の量が減ると舌苔ができやすくなるんです。

 

唾液は本来口の中を洗い流す効果があります。
しかし、唾液が減ると汚れや細菌が舌に溜まり、舌苔ができやすく
なるんです。

 

 

対策は?

最も代表的な方法は舌ブラシを使った対策です。

 

鏡を見ながら舌を思いきり前に突き出して、
白い舌苔がついている箇所をブラッシングしてあげるだけです。

 

ただ、舌ブラシを使う場合、ゴシゴシしすぎると舌を
傷つけて逆効果になってしまう場合があるので、軽くあて、
決して力を入れ過ぎないようにしてください。

 

舌ブラシ以外だと
洗口液で舌苔を予防、改善するという方法もあります。

 

手軽ですが、舌ブラシよりはコストは
かかってしまうので、自分の舌苔の程度を見極めてから
試してみるのはいいかもしれません。

 

 

⇒舌苔による口臭予防に?!オーラクリスターゼロのお試しはコチラ